ベネッセの株の買い方

ベネッセの株の買い方ベネッセは「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」で有名な会社ですね。「いぬのきもち」「ねこのきもち」「たまごクラブ」「ひよこクラブ」「たまひよ」などもベネッセです。

妊娠・出産時期のたまひよ、乳幼児期のこどもちゃれんじ、小学生くらいからは進研ゼミと、子供がいる家庭ならどこかのタイミングで一度はお世話になることが多いベネッセ。

うちも5歳の子がいるので、しまじろうにはかなり助けられています。

まだ言葉がうまく伝わらない小さい時期に、どうやって教えたら伝わるかわからないルールやお約束などをしまじろうを見てたくさん覚えてくれたり、こどもちゃれんじでいろんなことに興味を持ってくれたし、また親向け冊子の「今はこういう時期、こういう関わりかたをすると良い」というのもすごく参考になっています。

そんなベネッセの教材は株主優待とベネッセ・イオンカードを使ってかなりお得に受講できます。(株主優待のパートで後述します)

「ベネッセの株を買いたい!」

「ベネッセ株っていくらで購入できるの?」

「どうやって買ったらいいの?」

という初めて株を買う人のために、このページではベネッセの株の買い方をわかりやすく解説していきます。

■このページの内容

ベネッセの株の買い方

ベネッセの株を買いたい、ベネッセの株主になりたいという方は、まずは証券会社に口座を作りましょう。(株を買うには証券会社の口座が必要です)

証券会社の口座を持っていれば、ベネッセの株は普通に買うことができます。

ネット証券ならスマホですぐ簡単に口座を作れます。

ネット証券の口座開設は無料で、維持費などもかからず、スマホやパソコンでネットショッピングのように簡単に株を買えますよ。(口座の作り方の解説はこちら)

口座開設が完了したら、銘柄検索で「ベネッセ」または「9783」で検索をしてみましょう。9783はベネッセの証券コードです。

マネックス証券の注文画面
※マネックス証券の注文画面

こんな感じの注文画面で「何株買いたいか」と「1株いくらで買いたいか」を決めて買いの注文を出せば買うことができます。

買ってみようと思った方はマネックス証券(公式サイト)などのネット証券で始めてみてください。

ベネッセ株を購入する資金を証券会社に入金して、買いの注文を入れれば買うことができます。

ベネッセの株はどこの証券会社やネット証券でもいいので、証券口座を持っていれば普通に買うことができます。

証券会社の口座開設は申込から数日かかる場合もあるので、株主優待や配当金を狙っている場合は早めに口座開設の申込をしておきましょう。

ベネッセの株はいくらで買えるの?

ベネッセ株の売買単位は100株なので、そのときの株価×100円がベネッセ株購入に必要な資金です。

2021年7末月の株価(2514円)で計算すると、約25万円で買える銘柄ですね。

「ちょっと高いな・・・」

「買いたいけどお金が足りない」

という場合は、1株ずつ買える証券会社で口座を作れば約2500円(その時の株価)でベネッセの株を1株から買うことができますよ。

ベネッセの今の株価や株価チャートは、Yahoo!ファイナンスの株価情報などで見ることもできます。ベネッセの株価コードは9783です。

ただし、これは20分遅れのデータとなり、自動更新もしません。リアルタイムの株価やより多くの情報をより速く知りたい方はネット証券で口座開設をしておきましょう。(参考:図解:ネット証券の口座開設の手順

ネット証券の口座開設は無料で維持費もかかりませんので、今すぐ取引をしないとしても、株に興味があるならネット証券の口座開設をして画面を見ていればだんだん慣れてきますよ。

ベネッセの株主優待や配当

ベネッセの株主優待は100株以上株を持っていればもらえます。

ベネッセの株主優待の内容は、株主優待品カタログが送られてきてその中から1点好きなものを選べます。(優待カタログの内容は毎回違うのでベネッセの公式サイトで確認してください)

ベネッセの優待カタログは子供向けのもの(教材や絵本やお菓子など)があったり、カタログギフトを送ることもできるので、孫や甥っ子姪っ子などがいる家に贈ってあげても喜ばれると思います。

後で詳しく書きますが、こどもちゃれんじや進研ゼミなどの受講費に使えるポイントも選べてお得ですよ。

基準日は3月末と9月末の年2回です。

配当+優待の利回りはかなり高い

ベネッセは株主優待に加えて配当金も出る銘柄です。

配当は2021年度で年間50円(100株あたり5000円)出ています。

株価2514円、50円配当の計算で配当利回りは1.99%です。

優待でベネッセカードポイントで年間5200円を選んで配当が年間5000円だと、優待+配当の利回りは約4.06%になります。

子育てでいろいろとお金がかかる時期に毎年1万円というのは嬉しいですよね。

株主優待のもらい方の手順はこちら

※株主優待や配当などの内容、利回りの計算は2021年7月末時点(株価2514円)の情報でしています。

優待でこどもちゃれんじ等をお得に受講できる

優待カタログの内容は毎回違うので、いろんなものをもらえる楽しみもありますが、こどもちゃれんじや進研ゼミなどを受講している人にうれしいのがベネッセカードポイントです。

優待カタログで2600円相当のベネッセカードポイントが選択できます。(年2回なので年間5200円相当)

ベネッセカードポイントは例えばこんなところで受講費や商品購入に使えます。

家族のベネッセカードにポイントをつけることもできます。

株主優待でこどもちゃれんじ等の受講費の割引をしたいなら、ベネッセカードポイントが受け取れるベネッセカード(年会費無料)は作っておきましょう。

もらえる優待を増やせないの?(→可能です!)

ベネッセの株主優待は保有株数を増やしてももらえる優待は増えません。

100株でも1000株でも1万株でももらえる優待は同じです。

子供が2人以上いたり、たくさんの口座を受講していて受講費を優待でもっと安くできないか?という場合は、夫婦で100株ずつベネッセ株を買うなどして優待を2人分もらいましょう。

優待のベネッセカードポイントは家族のベネッセカードにポイントをつけることもできるので、旦那さんや奥さんにもベネッセ株を買ってもらって、優待ポイントは受講費の支払いをする人のカードにつけてもらうことも可能です。

相手が証券口座を持っていなければ友達紹介キャンペーンを活用して口座を作れば家族の紹介でもお得に口座開設ができます。(例えば紹介でお互い3000円ずつもらえるキャンペーンもあります)

子供のときから株取引をしている子はたくさんいるし、0歳の赤ちゃんでも口座を作れます(未成年口座でも株主優待はもらえます)。

手数料無料で株が買える証券会社なら、今の株価ならベネッセ株も手数料無料で買えますね。

手数料無料・家族紹介キャンペーン・未成年口座と3つも一気に書いたので混乱してしまった人もいるかもしれませんが、全て満たすのが「岡三オンライン証券」です。

岡三オンライン証券(公式サイト)

岡三オンライン証券は友達紹介(家族OK)の特典が両方に現金プレゼントで、未成年も口座開設できますし、手数料は1日100万円まで無料のプランがあります。

新規の口座開設で現金2000円がもらえるキャンペーンもやっています。(2021年9月30日申込分まで)

株取引って難しい?

株取引は買った経験がないと難しそうに感じますが、やり方さえわかればスマホでパパっと買えて簡単です。

今は1株ずつ買える証券会社も多いので、数百円程度の少ない資金で小さく始められます。

難しく考えず、まず少額で1株でも買ってみると感覚がつかめますよ。

△このページのトップに戻る

△ベネッセ株の買い方まで戻る

「ベネッセ株の買い方がわかった」「ベネッセの株買ったよ」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

> 有名企業の株の買い方
> ネット証券の口座開設の手順