ポイントサイトのポイ活で貯めたポイントで株や投資信託に投資する方法

ポイントサイトに貯まったポイントでポイント投資

今回はモッピー・ECナビ・げん玉・ちょびリッチ・ハピタス・.money(ドットマネー)などのポイントサイトで貯めたポイントを株や投資信託に投資するポイント投資のやり方を紹介します。

ポイ活からポイ株へ、ポイントサイトで貯めたポイントでも投資ができるのですが、直接株や投資信託に換えられるわけではなく、やり方を知らない人も多かったので記事にしてみました。

■このページの内容

Tポイントやdポイントを経由すればポイ活で貯めたポイントでも株や投資信託に投資できる

Tポイントポイントサイトで貯めたポイントは、そのままでは投資ができませんが、ポイント投資ができるポイントに交換すれば投資ができます。

一番定番のやり方はdポイントに換えてSMBC日興証券で株を買うか、Tポイントに換えてネオモバSBI証券 で投資することです。

Tポイントでが買えるのがネオモバ、Tポイントで投資信託が変えるのがSBI証券です。

モッピーやECナビやちょびリッチなどの有名なポイントサイトで貯めたポイントも、dポイントやTポイントに換えることでポイント投資が可能です。

SMBC日興証券 ←dポイントで株に投資

ネオモバ ←Tポイントでに投資

SBI証券  ←Tポイントで投資信託に投資

dポイントやTポイントで投資する詳しいやり方は以下のページを参考にしてください。

 

ただ、Tポイント交換に対応していないポイントサイトも多く、その場合はdポイントに交換するか.moneyというサイト経由でTポイントに換えられる場合が多いです。

.money(ドットマネー).moneyはTポイント交換に対応していない「ライフメディア」や「ハピタス」などのポイントサイトで貯めたポイントも交換できるサービスで、無料で利用できます。

.moneyからTポイントへは1,000マネーをTポイント1,000ポイントと等価交換できます。

Tポイント以外にもdポイントやPontaポイントにも等価交換でき、この2つもポイント投資ができます。(参考:ポイント投資できる証券会社

複数のポイントサイトに貯まっているポイントを.moneyにまとめてTポイント等に換えることもできるので便利ですよ。

.money(公式サイト)

Tポイントdポイントと.moneyの交換レートの比較

ポイントサイトのポイントは、Tポイントやdポイントに直接交換できなかったり、.moneyで交換したほうがレートが良い場合もあるので比較表を作りました。

ポイントサイト 提携ポイント
→Tポイント
提携ポイント
→dポイント
提携ポイント
→.money
メモ
.money 1,000マネー
→1,000P
300マネー
→300P
T/dポイント
に等価交換可能
モッピー 500P
→500P
500P
→500P
500P
→500マネー
 
ECナビ 1,000P
→100P
100P
→10P
※は交換手数料
500ECポイント
げん玉 10,000P
→1,000P
5,000P
→500P 
5,000P
→500マネー
交換手数料10%
※Tポイントは
RealPay経由で5%
ちょびリッチ 1,000P
→500P
1,000P
→500P
1,000P
→500マネー
 
ライフメディア 500P
→500P
300P
→300マネー
 
ポイントインカム 5,250P
→500P
5,500P
→500P
5,000P
→500マネー
.money経由が得
ハピタス 300P
→300P
300P
→300マネー
 
ポイントタウン 2,200P
→100P
(11,000→500)
2,000P
→100P
(10,000→500)
10,000P
→500マネー
dポイントか
.money経由が得
ワラウ 5,000P
→500P
5,000P
→500P
5,000P
→500マネー
 
ゲットマネー 10,000P
→1,000P
5,000P
→500P
5,000P
→500マネー
 
永久不滅ポイント 200P
1,000P
200P
900マネー
dポイントに
直接交換が得
アメックス 3,000P
→900P
※MSRP登録者は
1,400P
ANAマイル 10,000マイル
→10,000P
※年2万マイルまで
3万マイル目以降は
1万マイル→5000P
JALマイル 10,000マイル
→10,000P
※年2万マイルまで

※2021年8月25日時点

サイトによってポイントの価値が違うため、数字はバラバラですが.moneyへの交換は基本的に等価交換です。※1円の価値分のポイントが1マネー(1円の価値)に

モッピーやライフメディア、ハピタスはポイント価値が1ポイント1円なのでわかりやすい等価交換ですが、げん玉はポイント価値が10ポイントで1円なので5000ポイント→500マネーだけど等価交換、ちょびリッチもポイント価値が2ポイント1円なので1000ポイント→500マネーだけど等価交換です。

ポイントサイトによってはTポイントに交換するレートが等価交換でない場合があるので、その場合はTポイントに換える場合でも一度.moneyを経由してTポイントに換えたほうがいい場合もありますね。

.moneyは1,000マネーをTポイント1,000Pに等価交換できるので、Tポイントに換えられないポイントも.moneyを経由してTポイントに換えることができ、Tポイントでポイント投資ができるようになります。

ネオモバ(Tポイントでに投資)

SBI証券 (Tポイントで投資信託に投資)

主要なポイントサイトのみ掲載しましたが、他にも様々なポイントサイトのポイントに対応しています。

上記以外でポイントをたくさん持っているところがあれば、Tポイントの対応サイト一覧.moneyの対応サイト一覧で確認してみてください。

 

次に、Tポイントを使ってポイント投資をしていく話に入ります。

株に投資できる「ネオモバ」と、投資信託に投資できる「SBI証券」を順に紹介します。

株に投資できるSMBC日興証券とネオモバ

dポイントで株が買えるのはSMBC日興証券Tポイントで株が買えるのはネオモバです。

SMBC日興証券は100円単位で、ネオモバは1株単位で株を買うことができます。

dポイントやTポイントで投資ができるため、ポイントサイトのポイントを減らさずにそのまま投資にまわせます。※主要ポイントサイトではECナビとげん玉のみ交換手数料がかかります。

ちなみにSMBC日興証券のキンカブは買いの手数料は無料、ネオモバは毎月サービス利用料が220円(税込)かかりますが、毎月200ポイントのTポイントがもらえるので、そのポイントで株を買えば実質は消費税分の20円だけで、手数料無しで取引できます(月50万円の約定分までの手数料はサービス利用料に込みです)。

ネオモバのサービス利用料は毎月かかりますが、使わないときは一時停止して止めることができて、また買う時は簡単に再開することができます。

さらに、少し難しい株の税金の話になりますが、口座開設時に特定口座を選べば基本的に確定申告の必要はありません。

というわけで、ポイントサイトのポイントで株に投資する場合は、dポイントに換えてSMBC日興証券のキンカブで投資またはTポイントに換えてネオモバで投資というのが定番でオススメです。

SMBC日興証券(公式サイト)

ネオモバ(公式サイト)

公式サイトを見るとわかるように、ネオモバはTポイント投資を押してますからね。

それ以外にもdポイントや楽天ポイントやLINEポイントに交換できる場合は、それらのポイントでも投資は可能です。こちらはポイント投資できる証券会社を参考にしてください。

次は、株ではなく投資信託に投資したい場合のやり方です。

投資信託に投資できるSBI証券

次に、Tポイントで投資信託に投資できるのは「SBI証券」です。

SBI証券は選べる投資信託の種類2000以上あり、有名な投資信託も扱っています。

SBI証券 (公式サイト)

ちなみにSBI証券では現金で株を買うことはできますが、Tポイントで株を買うことはできません。Tポイントで株を買う場合はネオモバ(SBIネオモバイル証券・SBI証券のグループ会社です)で買いましょう。

Tポイント以外にも楽天ポイントやPontaポイントやLINEポイントに交換できる場合は、それらのポイントでも投資信託への投資は可能です。こちらはポイント投資できる証券会社を参考にしてください。

 

ポイント投資を楽しむために

Tポイントまとめると、Tポイントで株に投資できるのが「ネオモバ(SBIネオモバイル証券)」、Tポイントで投資信託に投資できるのが「SBI証券」です。

どちらも1ポイント1円で投資できますが、Tポイントで投資できる投資先がそれぞれ異なり

というように分かれています。

利用するにはまずは投資したいものに対応した証券会社の公式サイトから証券口座を作り、Tポイントを連携させましょう。

ネオモバ(Tポイントでに投資)

SBI証券 (Tポイントで投資信託に投資)

※詳しくはTポイントで株を買う方法dポイントで株を買う方法のページを参考にしてください。

 

ちなみにポイ活ってけっこう孤独で大変じゃないですか。

投資もせっかく始めても孤独になる人がけっこう多いです。投資について話せる人がいない(やったことない人は聞いてもわからない)から、株価が上がった喜びや下がったショックを話せる人がいないし、いろいろ相談もできない。

それでも楽しいは楽しいのですが・・・

話せる人がいたほうが投資はもっと楽しくなります。

投資が楽しくなればそのためのポイ活のモチベーションも上がります。

そのために、マネックス証券のferciやSTREAMというアプリなどSNS機能があって他の投資家とネット上でコミュニケーションを取りながら楽しめる株取引サービスもあります。(STREAMは100株単位の取引なので、ポイ活派には1株単位で買えるマネックス証券のferciがおすすめです)

これらは口座を作れば無料で使えて、投資家同士なのでいろんな話や相談ができます。新しい仲間もできますよ。株を買うのはネオモバ、交流はferciやSTREAMというのもアリです。

ferciマネックス証券のサービス)
1株から買えるので少額取引OK、買い手数料は無料
口座を作らなくても投資SNSのアプリは使えます

STREAM 最大5000円相当の株がもらえる
手数料完全無料、株の取引は100株単位です

「買う株が決まらない」という場合はSMBC日興証券日興フロッギーで面白く記事を読みながらそこに書いてある銘柄を買うこともできます(こちらはSNSのような交流は無いですが、100円単位で株が買えます)。

何ごとも楽しくやることがうまくいくコツですよ。

 

※このページで紹介しているポイントの対応証券会社や交換レート、手数料などは全て2021年3月15日の記事執筆時点2021年8月25日の確認時点のものです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加