逆指値注文ができるネット証券・証券会社

昼間は会社務めのサラリーマンやOLだけでなく、普段は昼間にネット株取引ができる人でも、時々は出かけたりしたいものです。そんな時に逆指値注文は大活躍してくれます。

逆指値注文がわからないかたは逆指値注文とは?を、具体的な使い方は逆指値注文の使い方を参考にして下さい。

逆指値注文ができるネット証券・証券会社

逆指値注文ができるネット証券と大手証券会社を紹介します。

逆指値注文ができるネット証券は以下の8社、大手の証券会社は3社です。
おすすめだと思う順に並べてみたので、興味のあるネット証券に口座開設の申し込み(無料)をしてみて下さい。

ネット証券の会社名をクリックすると公式サイトにリンクしています。

マネックス証券 おすすめの逆指値対応ネット証券
  逆指値のほかにツイン指値など他の注文方法も豊富。
  無料情報や使いやすいツールも豊富で戦略派におすすめ。
  
                ※マネックス証券の詳細はこちら

岡三オンライン証券 おすすめの逆指値対応ネット証券
  1日定額コースなら100万円まで手数料無料
  
                ※岡三オンライン証券の詳細はこちら

auカブコム証券 おすすめの逆指値対応ネット証券
  「高値−○円」、「安値+○円」と、株価の変動で設定価格を自動修正するトレーリングストップ注文も可能!
                ※auカブコム証券の詳細はこちら

SBIネオトレード証券 ・・・ SBIネオトレード証券の詳細はこちら

SBI証券  ・・・ SBI証券の詳細はこちら

GMOクリック証券 ・・・ GMOクリック証券の詳細はこちら

楽天証券 ・・・ 楽天証券の詳細はこちら

松井証券 ・・・ 松井証券の詳細はこちら

SMBC日興証券 ・・・ SMBC日興証券の詳細はこちら

野村證券 ・・・ 野村證券の詳細はこちら

大和証券 ・・・ 大和証券の詳細はこちら

※ちなみに、米国株取引で逆指値注文が使えるネット証券はマネックス証券とSBI証券と楽天証券です。(2021年4月現在)

逆指値注文の手数料比較

逆指値注文が使えるネット証券の手数料を表で比較してみました。

←表は左右に動かせます← 10万円以下 〜20万円 〜30万円 〜50万円 〜100万円
マネックス証券 110円 198円 275円 495円 1100円
岡三オンライン証券 108円 220円 385円 385円 660円
岡三オンライン証券
※1日定額コース
0円 0円 0円 0円 0円
SBI証券 99円 115円 275円 275円 535円
SBI証券
※アクティブプラン
0円 0円 0円 0円 0円
SBIネオトレード証券 88円 106円 198円 198円 374円
楽天証券 99円 115円 275円 275円 535円
楽天証券
※いちにち定額
0円 0円 0円 0円 0円
GMOクリック証券 96円 96円 265円 265円 479円
auカブコム証券 99円 198円 275円 275円 1089円
松井証券(※) 0円 0円 0円 0円 1000円
SMBC日興証券 137円 198円 275円 440円 880円
野村證券
オンライン専用支店
152円 330円 330円 524円 1048円
大和証券
オンラインのみ
1100円 1100円 1100円 1897円 3795円
※2021年3月30日現在の税込手数料
※1回の約定ごとの手数料プランの場合。
※松井証券のみ約定ごとのプランがないので1日の約定額合計

昔は逆指値注文が使えるネット証券は手数料が高いというのが当たり前でしたが、2007年2月に手数料の安いSBI証券(旧イートレード証券)が逆指値注文に対応したことをはじめ、マネックス証券も手数料を値下げしたことにより、非常に安い手数料で逆指値注文を使う事ができるようになりました。

逆指値より高度な注文方法もある

さらに、逆指値より高度なツイン指値トレーリングストップなどの、自動売買ができる特殊な注文方法もあります。

これらは逆指値以上に使えるネット証券が限られてくるので、どんな注文方法があるのか、また使える証券会社はどこなのかは注文方法で証券会社・ネット証券を比較のページで確認してみて下さい。
 

>> ネット証券の口座開設の手順を見る
>> ネット証券口座開設・資料請求先一覧はこちら