楽天証券の口座開設を申込みしてみました! 〜ネット証券体験レビュー〜

証券会社の口座開設を実際に体験&本音でレビュー!〜株初心者の方に口座開設してもらいました

楽天証券の口座開設をしたいという株式投資初心者の方に実際に口座開設をしてもらい、ネット証券の口座開設の流れやかかった時間などをレビューをしてもらいました。 ⇒ 楽天証券 (公式サイトはこちら)

以下はユーザーさんのレビュー記事です。どのように口座開設を申し込みするのか参考にしてみて下さい。※レビュー当時2013年なので画面等が変更している場合があります。※ユーザーさんに申込み時に参考にしてもらった口座開設の申し込みの手順はこちら

楽天証券の口座開設の流れをレビュー

株の取引は始めてなのですが、楽天を良く利用するので、楽天証券で証券口座の開設をしてみることにしました!

事前に調べてみた楽天証券の口座開設の流れはこんな感じです。

  1. 公式サイトから口座開設の申込ページへ
  2. 申込フォームを入力(楽天IDでログインすれば簡単)
  3. 本人確認資料を提出
  4. 楽天証券からIDとパスワードが届いたら完了!

楽天の会員になっている人は楽天のログインIDがあれば口座開設手続きが簡単でスムーズだということで、どれだけ簡単なのかに期待です!


楽天証券公式サイトはこちら

楽天証券の口座開設申込みページ

いつも使う楽天グループの楽天証券で口座開設してみました

楽天証券は今なら口座開設キャンペーンも行っていて、条件をクリアすれば楽天ポイントを貰えるとのこと。 こちらも楽しみの一つです。

早速楽天IDでログインしてみました。まず携帯電話の番号を登録して下さいという画面に変わったので登録しました。

この時点で、普段からポイントを貯めては楽天ブックスで本を注文しているので、既に記入すべき項目があと一つというところまで埋まっているではありませんか!?べ、便利!!

残りの一つというのは住所のフリガナだけ。しかしこちらも既に入力されている郵便番号の横にあるボタンを押せば番地の手前まで自動的に表示されたので、あとは番地とアパート名だけ入れれば終了でした。

簡単過ぎて笑ってしまうくらい(笑)

楽天証券の口座開設時に楽天銀行の口座も同時開設ができます。楽天銀行の同時開設は申し込みの途中でクリック1つだけ。

楽天証券と楽天銀行をマネーブリッジというので連携させると、特典で普通預金の金利が高くなるみたいです。これもいいですね。

申し込み画面入力後は「クイックコース」を選びました

パソコンからの申し込み後の手続きは2通り選べるそうです。

4日程で到着するキットを取り寄せる「郵送コース」と、パソコンから本人確認書類をアップする「クイックコース」。

やり始めたらさっさと終わらせたいのでクイックコースを選択しました。

登録のメールアドレス宛に送られてきたURLから税金についての登録や、手数料に関しての登録作業を行いましたが、これは結構項目数が多くて大変でした。

パソコンから本人確認資料をアップロード
パソコンから本人確認資料をアップロード

あとはデジカメで撮影した本人確認書類を選択し、アップロードして完成です。

次の記事では、実際に楽天から届いた書類を紹介していきます。

楽天証券から届いた封筒
楽天証券から届いた封筒


>> 次のページ:楽天証券から口座開設完了の書類が到着!


楽天証券 (公式サイト)

きっかけは楽天ポイントプレゼントキャンペーン

楽天証券の口座を開くきっかけとして、楽天ポイントプレゼントキャンペーンが大きかったです。

そのときのキャンペーンはこんな内容でした。

楽天証券の楽天ポイントプレゼントキャンペーン

「口座開設+5万円以上の入金で2,000ポイント、国内株式の初取引で+200ポイント、投資信託の買付50万円以上で+5,000ポイント、100万円以上で10,000ポイントがもらえます。他の取引条件もクリアすれば、最大で66,200ポイントがもらえます。」

※こちらは2013年のレビュー当時のキャンペーン内容です。最新の楽天証券のキャンペーン内容はこちら

いつも楽天カードを使ってコツコツと貯めていた楽天ポイントが、一気に66200ポイントも!

といっても最大の66200ポイントまでもらうには楽天FXでけっこう取引をすることが必要みたいですね。

流石にそんなに大金は投入できないにしても、もう既に口座開設という壁はクリアしたので5万円以上の入金をしてみようと思いました。それだけでも2000ポイントももらえます。これは大きいですね。(※参考:ネット証券やFXのキャンペーンで取引コストを考えてもプラスなのはどれ?

リアルタイム入金で5万円を入金

リアルタイム入金という画面がホームの右側にあるので、早速やってみることにしました。ログインするのにIDは毎回ログイン情報の用紙を見ないとわからないのが少し面倒です。

リアルタイム入金で選べるのは、楽天銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行です。 (※2013年当時の内容です)今回はゆうちょ銀行を選んでみました。

金額を入力して、ポップアップしたゆうちょダイレクトの画面でログインをして、自動的に表示された楽天証券への振込み内容を読んで取引を実行しておしまい。

楽天証券のページに戻り入出金履歴を見ると、きちんと5万円が入金されていました。

楽天証券の入出金履歴を見ると、きちんと5万円が入金されていました

ホーム画面にも同様、きちんとMRFの欄に5万円と表示されていましたのでこれで一安心!ポイントがつくタイミングがわからないのですが、期待して待つことにします。(※この方は7月までにポイントが付与されました)


>> 次のページ:楽天証券から口座開設完了の書類が到着!



楽天証券の口座開設レビューのメニュー

  1. 楽天証券の口座開設を申込みしてみました!
  2. 楽天証券から口座開設完了の書類が到着!
  3. ホームページからログインしてみます
  4. お友達紹介キャンペーンに誘ってみました

※こちらはユーザー様に楽天証券の口座開設を実際にしていただいたときのレビュー記事です。提出いただいた体験記事をもとに、一部注釈や読みやすくするための色づけやタイトルなどを入れて紹介しています。

>> ネット証券口座開設レビュー一覧に戻る

楽天証券に関する関連記事

他の証券会社ホームページからの口座開設レビュー

口座開設方法・申し込みの流れを見る ・・・ネット証券のホームページからの口座開設方法の流れを図解で解説。

>> ネット証券口座開設レビュー一覧に戻る