スウォッチ・グループ(ハリー・ウィンストンやOMEGA)の株を買いたい!

ハリー・ウィンストン(スウォッチ・グループ)の株を買いたい「ハリー・ウィンストン(Harry Winston)の株って買えるの?」

「高級腕時計のOMEGAやBREGUETの株も同じ会社だって聞いたけど」

ハリー・ウィンストンといえば婚約指輪や結婚指輪は日本でも人気で、カルティエと並んでゼクシィなどでもよく紹介される憧れのブランドです。

有名なので「ハリー・ウィンストンの株を購入したい」という人も多いですね。婚約指輪がハリー・ウィンストンだったなど、思い出のある人は普通に株を買うのと違う特別な感じもします。

ハリー・ウィンストンを有するのはスウォッチ・グループ(SWATCH GROUP)という世界最大の時計製造の会社。

ハリー・ウィンストンの株を直接買うのではなく、ハリー・ウィンストンブランドを所有するスウォッチ・グループの株を買うことでハリー・ウィンストンに投資するイメージです。

スウォッチ・グループはハリー・ウィンストン以外にも、高級腕時計のオメガ(OMEGA)ブレゲ(Breguet)ブランパン(BLANCPAIN)などもスウォッチ・グループ傘下です。もちろん名前にあるスウォッチ(Swatch)もですね。

スイスに本社を置くスウォッチ・グループは時計製造では世界一なので、広く一般に広めているSwatchブランドの裏で、1本数百万円は当たり前の名だたる高級腕時計のブランドを有し、その中にハリー・ウィンストンも有しているんですね。

スウォッチ・グループの株を日本で買うのは少し難しいですが、買えないわけではないので、このページではスウォッチ・グループ株の買い方(購入方法の手順)を解説していきます。

■このページの内容

スウォッチ・グループの株の買い方

有名な会社なので日本でもスウォッチ・グループの株を買いたいという方は多いですが、証券会社で「スウォッチ」や「SWATCH」と検索しても出てきません。

スウォッチ・グループはスイスの上場企業なので、外国株取引の欧州株(ヨーロッパ株)の取引で購入するのですが、2021年6月現在、大手証券会社およびネット証券で欧州株取引のネット取引に対応した証券会社はありません

外国株を取扱しているネット証券3社(マネックス証券SBI証券楽天証券)でも欧州株の取引は今のところできません。(2021年6月現在)

欧州株の取引は大手証券会社の店舗の窓口やコールセンター等での取引になります。

大手5社(野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券・三菱UFJモルガン・スタンレー証券)ともに欧州株の取引は取扱しているようですが、取扱銘柄などが公式サイト上に掲載されていなかったり、手数料(委託手数料や国内取次手数料などいろいろかかります)も各証券会社によって違います。

そのため、スウォッチ・グループの株が買えるか、購入の手数料はどのくらいかなど、それぞれの証券会社に問い合わせをしてみてください。

ちなみに、野村證券とSMBC日興証券に問い合わせてみたところ、問い合わせた時点では野村證券はリシュモン株を取扱している、SMBC日興証券は取扱していないとのことでした。

ただし、野村證券はネットで外国株を買えません。店舗窓口かコールセンターでの取引になります。

そのため、いきなり証券会社の窓口で欧州株を買うというハードルの高い外国株の前に、まずはマネックス証券などでネット取引で簡単に買える米国株を買ってみて、外国の企業への投資に慣れてからでも遅くはないと思いますよ。

AppleGoogleなどアメリカの株は日本のネット証券で簡単に買えます。

ある程度の外国株の経験があるほうが「スウォッチ・グループの株を買いたい」と証券会社の窓口に行ったときにも話しやすいですからね。

スウォッチ・グループの株はいくらで買えるの?

スウォッチ・グループの株価はBloomberg等のサイトで見ることができます。

スウォッチ・グループの株価は330スイスフラン前後くらいで推移しています(2021年6月現在)。

ざっくり1スイスフラン120円で計算すると、スウォッチ・グループの株は1株あたり約4万円で買えます。

スウォッチ・グループの株主優待はないの?

スウォッチ・グループの株主優待はありません。

株主優待でスウォッチ・グループの時計などがもらえたり安く買えたりしたらよいなとは思うのですが、株主優待は日本独自の文化なので、外国株では株主優待はありません。

スウォッチ・グループの配当は上記Bloombergのサイトで出ていますが、確認時点で配当利回りは1.09%でした。(2021年6月現在)

>> 外国株の買い方
>> 外国株口座開設の流れ
>> 株のトップページに戻る