ジュニアNISAの口座の作り方(口座開設の手順・方法)

未成年でもNISA口座が作れる「ジュニアNISA」の制度が2016年から始まりました。

ジュニアNISAは「18歳まで払い出しができない」という制限があったため躊躇していた人も多いと思います(私もそうで子供のジュニアNISA口座作っていませんでした)。

しかし、2023年末でジュニアNISAの制度が廃止となるため、2024年以降は18歳未満でも解約して引出せるようになります(しかも手続きをすれば20歳まで非課税での運用は続けられます)。

このページではジュニアNISAの概要や口座開設の手順などを紹介します。

ジュニアNISAってどんな制度?

ジュニアNISAとは、未成年のためのNISA口座で、0歳から19歳までの未成年の方が対象です。

未成年でも未成年口座といって証券会社の口座を作ることはできましたが、NISAの口座開設はそれまでは未成年ではできませんでした。

しかし、2016年からジュニアNISAの制度が始まり、20歳未満の未成年でもNISAの口座を持つことができるようになりました。

といっても、ジュニアNISAの口座は未成年が資産運用や株取引などをするためというよりは、子供のために親などの親権者が運用管理するものです。

両親などが子供の名義で運用し、将来の教育資金などで活用するのが主な目的とされています。

子供や孫が成人するまで非課税の恩恵を受けながら資産運用を行うことができる、というものです。

ただし、ジュニアNISAは通常のNISA口座と少し違う点があるため、まずはその違いについて解説して行きます。

NISAとジュニアNISAの違い

NISAとジュニアNISAの大きな違いは以下のとおりです。

通常のNISA口座とジュニアNISA口座の違いは、成人向けの通常のNISA口座の非課税枠が120万円なのに対し、ジュニアNISAは枠が80万円と少し少ないです。

また、ジュニアNISAは、金融機関の変更ができないので、どこでジュニアNISAの口座を作るかは慎重に選んだほうがいいですね。

例えばAppleやAmazonなどの米国株をネットで買いたいなら、主要ネット証券でジュニアNISAで外国株の取引ができるのはSBI証券 の一択となります。

未成年口座で取引できる商品は成人用の通常の証券口座より少ないです(ハイリスクな商品の取引は基本的にできません)。

利益や配当金・分配金に対して非課税なので、大きな値上がりや高い配当収入を狙うこともできるし、分配金再投資型の投資信託などを買ってジュニアNISAで複利運用を長期間にわたってすることもできます。これは大きなメリットですね。

ジュニアNISAの口座を作ったり新規投資ができるのは2023年12月末までですが、それまでに投資したものの非課税期間は5年、その後もロールオーバーの手続きをすれば20歳になるまで非課税で運用を続けられます。

次に、ジュニアNISAの口座開設の手順を説明していきます。

ジュニアNISAの口座開設の手順

ジュニアNISAの口座開設の手順をわかりやすいように順を追って解説していきます。

ジュニアNISAの口座開設の基本的な手順は以下のようになります。

  1. まず親権者が口座開設
  2. 口座開設した親権者の同意のもとに未成年口座の開設
  3. ジュニアNISAの申込

ジュニアNISAの口座を作るには、まず未成年口座の口座開設をし、そこからジュニアNISAの口座の申込をします。(未成年口座の開設と同時にジュニアNISAを申し込むこともできます)

そのため、まずは未成年口座を作ることになるのですが、基本的に未成年口座を作るには親など親権者がそのネット証券に口座を持っている必要があります

以下のページで主なネット証券の未成年口座の開設の具体的な手順を解説しています。

ジュニアNISAで外国株を買いたいならSBI証券

ジュニアNISAで外国株を買いたい場合は、SBI証券のみ取扱をしています。

AppleやAmazonなどのアメリカの上場企業の株が買える米国株や中国株などの外国株をジュニアNISA口座で取扱しているのは、主要ネット証券ではSBI証券のみです。

ジュニアNISAでの外国株の買い方(SBI証券)

うちもジュニアNISAで外国株を買いたかったので、SBI証券で口座開設をしました。その様子をレビューしているのでSBI証券で5歳の子供の口座開設をしてみました(未成年口座&ジュニアNISAの同時開設)もよかったら見てみてください。

ネット証券会社の口座開設の手順

■親の口座開設

ネット証券の通常の口座開設の手順(親の口座開設)は、別ページで解説しているのでそちらを参照して下さい。(参考:ネット証券の口座開設の手順

■未成年の口座開設

未成年口座の開設は基本的には上記で紹介した口座開設の手順と変わりません。ただし、申し込みにあたって親権者の同意が必要なこと、その同意する親権者がそのネット証券に口座を持っていることが必要になります。(参考:未成年口座の作り方

この手順を経て、はじめて未成年口座やジュニアNISAの口座開設ができます。

まずは親が口座を作りましょう

ジュニアNISAは金融機関の変更ができないため、まずは親権者が口座を作ってみて、「この証券会社でいいな」というところを見つけましょう。

親御さんの口座はNISA口座ではなく普通の口座(証券総合口座)で大丈夫ですよ。

証券口座を持っていないという方は、ネット証券の口座開設の手順を参考に口座を作ってみましょう。

無料で口座開設ができて、申し込みも5分程度でできます。

 

関連リンク

>> 株関連トピックス一覧に戻る