EPS(一株当たり純利益)

EPS(一株当たり純利益、以下EPS)というのは、その企業が出した純利益を発行済み株式で割った値です。EPSは Earning Per Share の略で、その企業の株1株あたりどのくらいの利益が出ているかを知るための指標です。

EPSの計算式は以下のとおりです。

EPS = 純利益 ÷ 発行済み株式の数

例えばある企業が発行している株式が100万株だったとします。そしてその企業の出したある期の純利益が100億円だったとします。

利益の100億円を全株式の100万株で割ると、一株当たり1万円の利益が出たことになります。

これがEPSです。この場合EPSは1万円となります。

一株あたり1万円の利益のうち、どのくらいを株主に配当金で還元するかが、配当性向です。

ときどきEPSと配当利回りの関係を聞かれることがありますが、あまり関係ありません。配当利回りは今の株価と配当金の金額で投資の利回りを計算するものなので、EPSとはあまり関係性がありません。

 

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)