単元未満株とは

単元未満株とは、単位株に満たない株のことです。最近は、単元未満株の取引ができるネット証券が増えてきており、ネット証券の単元未満株取引では、銘柄の単位株が何株単位かにかかわらず、1株から取引ができます。

株の売買は、「単位株」という、取引をする最低単位が定められています。
例えば単位株が1000株の銘柄であれば、株価が1,000円だとしても

1,000円×1,000株=100,000円

100,000円の資金がないと取引ができません。

1株から取引可能な単元未満株

しかし、単元未満株ではこの単位株にかかわらず、1株単位で株の取引ができます。

最近は単元未満株というと、「単位株に満たない株」というよりも、「ネット証券の1株単位で取引ができる株」を指すことが多いようです。

また、ネット証券によって単元未満株取引の名称が異なりますが、1株単位で取引ができるという内容は同じです。以下に単元未満株の取引ができるネット証券と、各ネット証券の単元未満株取引の名称を記載します。

参考:ミニ株や単元未満株が買えるネット証券

単元未満株のメリット

単元未満株は1株単位で売買ができるので、少額の資金でも様々な銘柄を取引することができます。例えば株価5000円、単位株100株の銘柄であれば、通常は50万円の資金がないと取引ができませんが、単元未満株ならこの銘柄を5000円の資金で取引することができます。

ミニ株よりもさらに小さな単位、小額の資金で取引ができる単元未満株をぜひ活用して下さい。

 

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)