信用取引とは

信用取引とは、証券会社に入金した金額を保証金として、その金額の数倍の資金を運用できる取引です。信用取引では保証金として入金した額の約3倍の資金を動かすことができます。

例えば、信用取引の保証金として30万円を入金すると、約100万円の信用余力が与えられます。

信用取引を使うことによって、今まで手が出せなかった株価の高い株を買えたり、手持ち資金では100株しか買えなかった株を信用取引で300株購入する、といったようなことができるようになります。

信用取引のメリット

大きな資金を動かせる

信用取引のメリットは、何と言っても今まで取引のできなかった金額の大きな株の売買ができるようになることです。仮に資金が30万円しかなくても、その資金を保証金として約100万円の取引ができます。70万円・80万円の資金が必要な株を買うこともできるし、20万円の株を2株、3株と買い増し、値上がり時の利益を2倍、3倍と増やすこともできます。

空売り(カラ売り)ができる

空売りによって、相場が下げている時でも利益を出すことができます。

リスクをなるべく抑えてメリットを活用する信用取引の使い方(活用例)は、信用取引のやり方ページを参照して下さい。

信用取引のリスク

用意した資金以上の損失が発生する可能性

大きな金額での取引をすると、その分損失も大きくなります。現物で取引をしていれば、自己資金以上のマイナスにはならないので、最悪でも自己資金が0になって終わりです。ところが信用取引の場合は自分の資金以上の大きな取引ができるため、30万円の資金しかなくても、50万円、60万円といった大きな損失が出る可能性もあります。

この場合、損失額から自己資金30万円を引いた残りの金額は株の取引口座とは別のところから用意して返済しなければいけません。余裕資金が他にあればいいですが、将来のために貯めておいた大事な資金に手を出したり、最悪の場合借金をして返済をしなければなりません。

空売りのリスクは無限

信用取引では空売りが使えます。通常の買いでの取引の場合、株価がゼロ以下になることはないので、最悪の場合でも買った金額以上のリスクはありません。しかし空売りは株価が上がると損失になります。株価の上昇には上限はないので、もし空売りした銘柄が急騰して株価が何倍にもなった場合、大きな損失を抱えてしまうことになります。

信用取引口座開設には4000円の収入印紙が必要?

信用取引口座の開設時には、申込書に4000円の収入印紙を貼る必要がある場合があります。

いまはほとんどのネット証券で必要ない(証券会社が負担してくれる)です。また、大手証券会社などでも証券会社が負担してくれたり、書面で申込む場合には必要というケースなど、基本的に不要な場合が多いようです。

ただ、証券会社によって異なるので、信用取引口座開設の前に確認してください。

信用取引口座開設には経験が必要

信用取引は、上記のようなリスクがあるため、株の取引経験が浅い初心者は口座開設ができません。通常は口座開設時に「1年以上の株の取引経験があるか」を書く欄があります。自己申告なので初心者でも「ある」にチェックしてしまえば確認のしようがない(他社で取引経験があると言ってしまえばそれまでなので)ようですが、充分経験を積んでから利用するようにして下さい。

これらのリスクを抑えて信用取引をスタートするために、マネックス証券のスタート信用というリスク管理をしやすくするサービスパッケージもあります。

信用取引口座開設の前に

株で借金を作ったというような話を聞きますが、現物取引をしている限りは借金ができるほどの損失はあり得ません。(借金で株をすれば別ですが・・・)借金ができる場合というのは、信用取引で自分の資金以上の大きな取引をして損失を出した時や、空売りした銘柄が暴騰した時です。信用取引口座開設の前に、大きな額を動かせる分、リスクも大きくなる事を充分理解したうえで検討して下さい。

信用取引の口座開設方法

信用取引の口座開設には、まず通常の口座開設をします。
通常の口座を開設した後、信用取引の口座開設の申込をします。

SBI証券 では、通常の口座開設時に同時に信用口座の申込ができます。

 

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)