源泉徴収とは(株の特定口座の「源泉徴収」)

株の特定口座の源泉徴収あり/なしの違いは、株の売買で発生した利益に対する税金の支払いを証券会社が代行してくれるか、自分で行うかです。

どちらを選べばよいか等、詳しくは特定口座と一般口座・源泉徴収あり/なしの違いを参照して下さい。このページでは用語の説明のみをします。

特定口座 源泉徴収ありの場合

源泉徴収ありを選択した場合は、売買で損益が発生するたびに、その額に応じた税金を証券会社が徴収してくれます。そのため、特定口座(源泉徴収あり)を選んでおけば、年間取引報告書の作成が不要なだけでなく、確定申告に行く必要もありません。

サラリーマン等、会社に株をやっていることを知られたくない場合はこの特定口座(源泉徴収あり)を選択して下さい。

特定口座 源泉徴収なしの場合

源泉徴収なしの場合は、年間取引報告書は証券会社が作成してくれますが、税金の徴収はしてくれないので、年間取引報告書をもとに自分で確定申告を行い、税金を支払う必要があります。

関連ページ: 特定口座とは

 

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)