ナンピン買いとは

ナンピン買いとは、株価が下がっていく際に、徐々に株を買い増しして平均取得単価を下げていく買い方です。

例えば、100円で100株買った株が値下がりし、90円になったとき、同じ株を100株買い増しすると、持っている株は

100円×100株と 90円×100株

になるので、持ち株数は200株、平均取得単価は95円になります。


ナンピン買いの利点・効果

ナンピン買いは株価が下がるにつれて徐々に買い増ししていくため、平均取得単価を下げる効果があります。株価が下がっているけれど将来上がる見込みのある銘柄を買う時には有効な買い方になります。

株価は上がったり下がったりするものなので、安いところで買って高いところで売るのが儲ける基本。ただ、底値で買ったり高値で売るのは難しいので、株価が下がっているときに初めからナンピン買い狙いで徐々に買い増していくと、底値ではなくてもそれに近い値段まで平均取得単価を下げることができます。

ナンピン買いのリスク

買えば買うほど平均取得単価が下がるので有効な買い方に思えるナンピン買いにもリスクがあります。平均取得単価は下がるけれど、買えば買うほど持っているポジション(保有株の数)は大きくなります。ポジションが大きくなれば1円の値下がりで増える損失の額も大きくなるので、ナンピン買いをすればするほど値下がりしたときのリスクも大きくなっていきます

ナンピン買いは買えば買うほど平均取得単価が下がっていくので、よく狙いが外れて株価が下がってしまった銘柄をナンピン買いしてしまうのを見かけますが、これはあまりおすすめできません。

下手なナンピン、スカンピン

相場格言に「下手なナンピン、スカンピン」という格言があるように、ナンピン買いは下手に行うとそのリスクから大きく損をしてしまうことがあります。

通常、株を買う時は自分のリスク許容度内でポジションを持ちますが、予想がはずれて株価が下がってしまったとき、ナンピン買いをすると平均取得単価が下がるのでプラスマイナスゼロまでの値幅が減り、一時的には安心感が得られるかもしれません。しかし、その時点でポジションは倍になっており、値下がりが止まらなければ損失は倍の勢いで増えていきます。

リスク許容度を超えたポジションで損失が膨らんでいくと正確な判断ができなくなってしまうので、初心者のうちは初めからナンピン買いで仕掛けるつもりの時以外は使わないほうがいいかもしれません。

株の口座開設はこちら

 

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)