配当利回り

配当利回りは、もらえる配当金が株価に対してどのくらいになるのかという値です。

配当利回りの計算式は以下のとおりです。

配当利回り = 年間配当金 ÷ 株価

例えば一株当たり100円の配当で株価が1万円なら、配当利回りは1%ですね。株価が2万円だったら配当利回りは0.5%に下がります。株価が5000円なら配当利回りは2%になります。

このように配当利回りは株価や配当金の金額で変わります

というように、配当金の金額と株価の動きで配当利回りは変わります。

「え?株価が上がれば利回りは下がるの?じゃあ株価は上がらないほうがいいの?」と聞かれたことがありますが、そんなことはありません。配当利回りは「買ったときの株価」で計算します。

まだその企業の株を買っていないときは、株価が下がって安く買えたほうが有利ですね。でも買った後は株価が上がってくれたほうが嬉しいですね。

それと同じで、株価が低いときは安く買えるので利回りも高くなる。でも、買ったあとは株価が上がってくれたほうがいいし、株価がいくら上がっても下がっても利回りは変わりません。(新たに買い増したりすればまた変わってきます)

配当利回りの調べ方

配当利回りも証券会社の情報で見ることができますが、配当利回りは表示されていない会社も多いです。しかし、その場合は自分で計算することもできます。

配当利回りは上で計算式を書きましたが、「年間配当金÷株価」なので、配当金と株価を調べれば計算できます。

株価は証券会社のサイトでもヤフーファイナンスなどでも調べられますし、今はGogoleやヤフーの検索で「企業名+株価」で検索しても出てきますね。

配当金の金額は直近の配当金や、次の決算での配当の予想が会社四季報や証券会社などで見れる会社情報などに載っています。「企業名+配当金」で検索するとその企業の公式サイトでの情報が見れます。

配当金の金額は頻繁に変わるものではないので、基本的には買ったときの株価によって配当利回りが変わります。

これから買う場合は安い時に買えれば配当利回りは高くなるし、高いときに買えば配当利回りは低くなるというイメージですね。

 

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)