HCSとは

HCS(ヘラクレス・スタンダード)は、ヘラクレス市場の上場審査基準のひとつです。

ヘラクレス市場の上場審査基準はスタンダード基準(第1号〜第3号)とグロース基準に区分されていて、どの基準で上場するかは申請会社の任意となっています。

スタンダード基準第1号 収益性・資産性があり、市場性の見込める企業
スタンダード基準第2号 資産性(資産実績)があり、市場性の見込める企業
スタンダード基準第3号 売上や資産など企業規模があり、市場性の見込める企業
グロース基準 潜在的な成長性があり、市場性の見込める、いわゆるベンチャー型の企業

このうち、スタンダード基準第1号〜第3号で上場する企業の市場がHCSとなります。

同じヘラクレス市場でも、HCSとHCG(ヘラクレス・グロース)とでは、上場の基準が違います。HCSとHCGの違いは、東証の1部と2部のように市場は同じでも上場基準が違う、という感じです。

 

ネット証券キャンペーン情報

 

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)